東京製鉄はコスト20億円削減 13年3月期、電力値上げに対応
日本経済新聞
ため製法の見直しにも踏み込み始めた。東電や九電管内に工場がある最大手の東京製鉄は鋼に加えるマンガンの量を減らす対策などで、2013年3月期に20億円のコストを削減する。 電炉は鉄スクラップを電気炉で溶かして原料にするため、電力が総コストの約3割を占める。