鋼材のシェア争い再燃も 東鉄、12月価格据え置き
日本経済新聞
電炉の原料となる鉄スクラップは11月上旬、約3カ月ぶりに反発した。14日には新日鉄住金と傘下の電炉、日鉄住金スチール(和歌山市)が悪化した採算を背景にH形鋼の価格を1トンあたり2千円引き上げると表明。鉄鋼各社に値上げムードが広がる中、市場関係者には東鉄も